本文へスキップ

白馬山麓事務組合

コンセプトconcept

組合の概要

白馬の風景

白馬村と小谷村が共同で白馬高校支援事務及び、し尿処理の管理運営を行う一部事務組合(特別地方公共団体)です。

1.設立年月日 昭和49年2月1日
2.組合名称 白馬山麓事務組合 (旧:白馬山麓環境施設組合)
3.組合構成村 小谷村、白馬村
4.組合の共同処理する事務 1)し尿処理施設の設置及び、管理運営に関する事務
2)し尿の収集運搬に関する事務
3)白馬高校支援に関する事務
5.執行機関及び補助組織 管理者(白馬村長)
副管理者(小谷村長、白馬副村長)
理事(小谷副村長、白馬副村長)
会計管理者(白馬村会計管理者)
出納員(白馬村会計室職員)
事務局
6.組合議会 議員定数9名(小谷村4名、白馬村5名)
議長(小谷村議会議長)
副議長(白馬村議会議長)
7.監査委員 定数2名(識見者1名、議会選出1名)
8.組合の経費負担割合 1)建設費     均等割20% 人口割80%
2)維持運営費   均等割30% 人口割70%
3)白馬高校支援費 小谷村33% 白馬村67%
9.予算規模 令和2年度決算額
歳入370,782千円、歳出365,665千円
10.組合条例 白馬村行政ホームページ、白馬村例規集内にあります。

白馬山麓事務組合議会議員

番号 所属  氏名  備考
1 白馬村 丸山 勇太郎 白馬村副議長
2 白馬村 津滝 俊幸 白馬村産業経済委員長
3 白馬村 太田 伸子 白馬村議長
4 白馬村 松本 喜美人 白馬村総務社会委員長
5 小谷村 北村 利幸 小谷村議長
6 小谷村 藤原 賢司 小谷村総務委員長
7 白馬村 切久保 達也 白馬村総務社会副委員長
8 小谷村 吉岡 久人 小谷村総務副委員長
9 小谷村 猪股 充拡 小谷村副議長

定例議会

令和3年第2回白馬山麓事務組合定例議会が8月26日(木曜日)に開催されました。
令和3年度白馬山麓事務施設組合一般会計補正予算(第2号)が審議され、原案のとおり可決されました。
令和3年度白馬山麓事務施設組合一般会計補正予算(第2号)は、 歳入歳出とも8,246千円を増額し、歳入歳出予算総額が340,706千円となりました。 主な内容は、歳入では高校支援負担金の増額、及び昨年度繰越金による増額、歳出では下水道整備業務委託による衛生費の増額、及び学生寮ヒーター修繕等による高校支援費の増額、となっています。



【令和3年度補正第2号】

歳入(単位:千円)
補正前の額 補正額
組合負担金 251,626 3,500 255,156
繰越金 400 4,716 5,116
補正されなかった額 80,434 0 80,434
歳入合計 332,460 8,246 340,706

歳出(単位:千円)
補正前の額 補正額
衛生費 150,800 2,786 153,586
高校支援費 154,543 5,460 160,003
補正されなかった額 27,117 0 27,117
歳出合計 332,460 8,246 340,706



【令和3年度当初予算】

令和3年度白馬山麓事務組合一般会計予算(当初予算)は、歳入歳出326,300千円で前年より57,340千円の減となりました。
減額となった主な理由は、白馬山麓清掃センターが白馬リサイクルセンターへと生まれ変わるため大幅な減額、男子グレイス寮を閉鎖したことのよる減額が主な内容です。
なお、白馬高校支援事業では、地方創生推進交付金を申請し、学生寮、公営塾の充実を図ってまいります。


歳入(単位:千円)
本年度予算 前年度予算 比較
組合負担金 251,626 314,486 △62,860
使用料及び手数料 59,200 68,600 △9,400
国庫支出金 15,000 0 15,000
繰越金 400 400 0
諸収入 74 154 △80
歳入合計 326,300 383,640 △57,340

歳出(単位:千円)
本年度予算 前年度予算 比較
総務費 24,556 32,772 △8,206
衛生費 150,800 168,870 △16,070
高校支援費 148,383 181,477 △33,094
公債費 2,115 2,114 1
予備費 436 407 29
歳出合計 326,300 383,640 △57,340

copyright©2018 Hakubasanroku jimu kumiai all rights reserved.